menu
閉じる
  1. 食事制限の必要がないゼニカルの効果!
  2. ゼニカルはどれくらいの期間で効果が出る?
閉じる

糖質制限ダイエットのコツを教えます

今やダイエットの定番となりつつある糖質制限ダイエットですが、確実に体重を減少させるにはどのように糖質を制限すれば効果的なのでしょうか。

元々、糖質制限とはダイエット方法として利用されていたものではなく、糖尿病患者などの食事療法の一つとして利用されていたところ、糖尿病患者が病気回復の途中で多くの人が体重を減少させているということに着目されてダイエットにも利用されるようになりました。
糖質制限というと、何やらケーキやお菓子などの甘い糖分を制限することのように思えます。
我々の生活習慣の中で糖質を多く含むものとしては、炭水化物が多く含まれているご飯(米類)、パン、麺類などのいわゆる主食として食べているものが多いという特徴があります。

簡単に言うと糖質制限ダイエットとは、炭水化物を多く含む食べ物の量をコントロールするダイエット法といってよく、糖質を多く含まない肉類や魚、野菜(糖質の多いものは除く)などはそれほど気にせず食べることができるため、一般的な食事制限やカロリー制限系のダイエット法と比べると空腹感に悩まされることがないため、比較的楽にできるダイエットとしても人気となっています。
糖質制限には摂取カロリーを抑えることで体重を減少させるというダイエット効果以外にも、血糖値の安定・低下、脂肪燃焼系の体に体質改善が期待できるなどのメリットが知られています。

肥満や体重増加の要因として、血糖値の上昇による糖を脂肪としてため込む働きや食欲の増強、あるいは生活習慣により燃焼しにくい体になっていることが指摘されます。
糖質制限ダイエットはこれらの働きを抑え脂肪燃焼系の体に体質改善を促進させますので、痩せやすいからだ、リバウンドしにくい体を作ることになるのです。

このような高い効果が期待できますので、食生活の見直しを行い、規則正しくきちんと毎日三食取りながら、炭水化物の量をコントロールしていくことで摂取カロリーを抑える以外にも、生活習慣病の予防としても期待できます。

タンパク質の摂りすぎは肝臓を悪くするので注意

糖質制限ダイエットには多くの効果が期待されますが、特に需要なポイントとしては痩せやすい体作り、リバウンドしにくい体作りがあり、このことは本来の健康的な体の状態にするということにも繋がります。

健康的な体作りというポイントでは3大栄養素の一つであるタンパク質が重要となりますが、糖質制限では炭水化物は制限されます。
肉や卵などのタンパク質を多く含む食べ物については一切制限されていませんので、健康な体のための筋肉づくりという観点から肉類などを多く摂りすぎてしまうこともあるようです。
昔からタンパク質が不足すると病気になりやすくなったり、成長期に充分な成長することができないことなどが指摘されています。
これ幸いとばかりに肉食大好きな人たちは糖質制限期間中にはタンパク質を摂りすぎてしまい傾向があるのですが、何事にも限度があり摂りすぎはかえって逆効果です。

摂取されたタンパク質は、体内で合成と分解を繰り返しながらその過程で食事からとったタンパク質の余ったものは分解されて窒素となり、窒素は私たちの体にとって有害な物質であるアンモニアに変化し、アンモニアは肝臓で人体に無害となる尿素に変換し腎臓で尿となって体外に排出されます。
これが適度な量のタンパク質を摂取している間は非常に有効な働きとなるのです。
糖質制限中に肉類ならいくらでも食べてよいと思ってタンパク質を摂りすぎてしまうと、それだけ多くの窒素を尿に変換しなければならなくなり、肝臓や腎臓に普段よりも負担がかかることとなって内臓疲労を引き起こしてしまう可能性が高くなります。

減量が仕事ともいえるボクシングの選手が糖質制限を利用していることは広く知られていますが、彼らは減量期間中に糖質制限だからといって肉類を多く食べることはありません。
もちろん、摂取カロリーを抑えるという意味合いもあるでしょうが、タンパク質の摂りすぎは内臓疲労に繋がり健康な状態を維持できないことを知っているからです。
糖質制限ダイエット中のタンパク質の摂りすぎには充分注意したいものです。

おすすめ記事

  1. ゼニカルはどれくらいの期間で効果が出る?
  2. 食事制限の必要がないゼニカルの効果!
ピックアップ記事
  1. 単純に体重を落としたいだけなら、食生活の見直しや食事制限で十分効果は出ます。ですが、ただ体重を落…
  2. 今やダイエットの定番となりつつある糖質制限ダイエットですが、確実に体重を減少させるにはどのように糖質…
  3. ダイエットサプリは人気がありますが、本当に効果があるのかと疑問を持っている人もいるでしょう。ダイ…
ページ上部へ戻る